アコムおまとめローンの審査は甘い

アコムおまとめローン

アコムおまとめローンの審査は甘い?厳しい?

アコムって三菱UFJ銀行グループの消費者金融だから、信頼度もバツグンだし、他の消費者金融に比べて、かなり人気がありますよね。

複数のローンを抱えている人も、アコムでおまとめしたいと思ってる人はたくさんいるんじゃないかな。

アコムおまとめできる?っていう質問もよく見かけますが、アコムでおまとめは可能ですよね。

ただ個々の状況によって、おまとめローンの審査に通るかどうかは違ってくると思いますけど。

借入総額がかなり多額な場合、アコムおまとめできる?なんて不安に思っている人も少なくないだろうけど、多額の借入がある場合にはちょっと難しいおまとめローン審査が通らないんじゃないかな。

じゃあどういう条件がそろっていれば、アコムおまとめできる? なんて聞かれても私にはよく分からないけど・・。

ただ常識的に考えると、返済能力っていうのが最重要ポイントだと思うので、返済能力の有無に関わる、例えば年収や勤続年数、雇用形態、年齢、職種などについては厳しくチェックされるんでしょうね。

アコムは金利も低めだから、複数の消費者金融で高金利の返済負担に苦しんでいる人は特に、アコムおまとめできる?って気になってる人も多いんだろうなあ。

アコムでおまとめできたら、金利負担が少しラクになって、返済プランも立てやすくなりますからね。

とはいえ、おまとめローンの場合には、審査はかなり厳しくなってくるだろうし・・。

低金利というメリットがある消費者金融なら尚更、審査は厳しくなってしまうんじゃないかな。

アコムのように人気度も信頼度もバツグンで、低金利で・・という消費者金融だと、おまとめに申し込んでも、審査に通るかどうか・・ちょっと不安ですね。

でも審査に通っておまとめできれば、生活だって少しラクになるわけだし・・。

そういったプラス要素を考えれば、審査に通るかどうか分からなくても、おまとめローンに申し込んでみて、可能性にかけてみればいいんじゃないでしょうか。

アコムで複数の借入をおまとめしてる人って、たくさんいますからね。

それで生活がラクになって、人生に希望を感じられるようになった人だって少なくないようです。

借金が厄介なのは、重い金利負担がのしかかることだから、その重い金利負担を少しでも減らせるように、アコムのおまとめローンに申し込んでみましょう。

他の消費者金融よりも金利負担を軽減できる低金利のアコムで、ローンをおまとめできたら、人生が180度変わってくるかもしれませんから。

おまとめローンの審査に落ちる前に

おまとめローンに申し込んでみたところ審査に落ちたという人には何らかの原因があります。

その原因を判明しない限り、次のおまとめローン審査を受けても審査に落ちる可能性が大きいです。

審査の項目には年収、勤務先、勤続年数といった項目があり、これらの条件に照らし合わせて問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は当然多い方が有利になりますが、審査において肝心なことは借入総額とのバランスである程度の範囲に収まっていれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員が評価が高く、勤続年数については長いほど評価が高くなりフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

個人信用情報というのは借入や返済状況を審査される項目でこれまでに自己破産や返済の遅延あった人、複数社から借り入れがある人は、審査が厳しくなります。

銀行で、おまとめローンというサービスを提供しているところは少なく借り換えローンやフリーローンという商品のほうが一般的です。

銀行は総量規制という上限が設けられていませんので与信枠の範囲内なら追加融資が可能となっているローンが多いのですが消費者金融の場合、総量規制の特例貸付を適用していることから、返済専用のローンなのです。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんがアコムやアイフルなどの消費者金融のおまとめローンの場合、貸金業の返済にしか利用することはできません。

銀行の場合、消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能となりますが消費者金融の場合、最大金利が18.0%、最大融資額は300万円となり銀行よりも条件は悪いです。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行と比較して審査に通りやすかったり、審査結果や融資までの時間が銀行よりも圧倒的に早いというメリットもあるのです。

おまとめローンは他社借入の多い多重債務者のための商品ですが借入件数が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は3社でセーフ、4社でギリギリ、5社でアウトと言われていますが審査落ち確実な人でも通る策が無いかを考えてみましょう。

まず、行うべきことは今までの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

1件でも返済が完了すれば審査は通りやすくなりますから利用可能額をかき集めて返済できるローンを完済してしまいましょう。

審査では借入件数よりも過去の返済状況ですから事故さえなければ返済能力があると判断されて審査を通過するケースも多いです。

複数の金融業者から借り入れがあると借入残高を管理するだけでも一苦労ですね。

借入件数が多い人は借入れ可能額が低いために借入件数が増えたのだと思います。

金利の設定は借入限度額が高いほど低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが効率的です。

反面、多くの金融機関で多重債務者は敬遠されがちですので借金の全てを完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

でも、おまとめローンなら多重債務者が有利になるための借り換え商品なので前向きに検討することをおすすめします。

おまとめローンとは複数で借り入れたものを1つにまとめることができるローンで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を低く設定し直すことができます。

毎月の返済額が少なくなることで経済的な負担が軽くなるというメリットがあるのですがおまとめローンを組んでも返済する元本はかわらないので返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長期化することによって、その分金利も発生しますから返済する総額は、おまとめローンを組む前より増えてしまうことは否めません。

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますから東京スター銀行おまとめローンで高い与信限度額の承認がもらえさえすれば、現在抱えている借金の金利よりもずっと低金利で借り入れられることになります。

ですから、東京スター銀行おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションして返済額を算出すれば支払総額を増やさなくても、毎月の返済を楽にできます。

住宅ローンを借りる際にカードローンを利用していると審査に不利に働くという話を聞きますが返済負担率に問題が無いようであれば、不利になるとは限らないという話もあります。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンを利用しているのは明白ですからなるべくカードローンは住宅ローンの審査までに解約しておくことをおすすめします。

複数から借り入れている多重債務者の場合は東京スター銀行おまとめローンを利用して借金を1本化することが最優先です。

又、東京スター銀行おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの審査を受けるのは不利だと考える人もいると思いますがすでに取引実績がある金融機関で滞納なく返済していれば逆にプラス評価となります。

更に住宅ローン利用者には優遇金利が適用される場合もあるので優良顧客という自信がある場合、同じ金融機関で住宅ローン審査の審査を受けてみてはいかがでしょうか。

おまとめローンとは複数社から借り入れている借金を1本化することによって毎月の返済額や利息の負担を軽くできるというメリットがあります。

でも、返済金額を抑えることができたとしても自分に合った返済方法でなければ、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組むことになったとしても元本は減りませんから毎月の返済額を今より低く設定すると返済期間が長くなります。

返済期間が延びれば延びるほど支払う利息も比例して増えていきますので返済する総額は、おまとめ前より多くなってしまうのです。

又、アコムやアイフルなどの消費者金融のおまとめローンは返済型なので追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いので、追加融資が受けられることから借入額が増えるリスクもはらんでいます。

東京スター銀行おまとめローンを利用すれば利息を現状より減らすことができると言われている理由があるのですが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社より借入れしていることが原因です。

おまとめローンを組むことで利息が減らせるかどうかは申し込む前にきちんと金利の計算をして確認しておく必要があります。

おまとめローンのサービスがある金融機関では自社のホームページに返済シミュレーションを設けています。

現在の借金額や金利を入力するだけでおまとめローン後の毎月の返済額や返済増額が瞬時に表示されますから簡単に比較することができます。

消費者金融よりも銀行のおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は、まずは返済シミュレーションで正確な金利を計算しましょう。

埼玉りそな銀行のキャッシングサービスにおまとめローンはありませんがおまとめや借り換えにも使えるフリーローンがあります。

最高借入れ限度額は10万円から300万円で金利は6.5%から14.0%銀行カードローンにもかかわらず、最短で翌日融資可能というスピード感も魅力です。

消費者金融ではありませんから総量規制は関係ありませんし、最低年収などのハードルもありませんから、アルバイトでも申し込むことが可能です。

申込条件には、日本に住んでいる人で安定継続した収入があり、満20歳以上から完済時年齢が満71歳未満という規定がありますが過去の返済状況によっては落とされる可能性があります。

「りそなプレミアムフリーローン」は「プライベートローンJ」の上位商品ですが前年の源泉徴収票などの収入を証明する書類が必要になります。

おまとめローンを利用する機会は人生に1度あるかないかだと思いますので、利用を考えているほとんどの人が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類などは東京スター銀行おまとめローンを行っている金融機関のサイト上にある「よくある質問コーナー」にて回答されています。

借金がいくらになったら、おまとめローンを考えたほうがよいかといった一般的な質問については「おまとめローン よくある質問」と検索し、情報サイトから調べましょう。

情報サイトには消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットもわかりやすく記載されていますし金利やサービス内容の比較等もあるため、金融機関のHPでは得られない情報が満載です。

審査に通るポイントや、通らない人の傾向などこれから組もうとする方にとって非常に有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を考えている人はチェックしてみることをおすすめします。

おまとめローンとは複数の金融業者から借り入れをしている人が新たな金融機関から借入れをして、既存のローンをすべて完済するためのローンです。

何件もの金融機関からお金を借りているとバラバラな返済日なので残高の管理が困難です。

与信枠が低いと高い金利になり不利ですから複数のローンをまとめたほうが利息を下げられるかもしれません。

しかし、おまとめローンの利用希望者は多重債務者なので審査に通りにくいということも事実です。

金融機関の中にはおまとめローンという商品を掲げているところもありますのでそのような商品を探した方が賢明です。

消費者金融大手のプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングサービスがあります。

通常のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であるということや追加で借りることができない返済だけのカードローンだということです。

利率は6.3から17.8%と最低金利が高めの設定ですが最短で即日融資が受けられ保証人も不要というカードローンのメリットは健在です。

最大限度額が300万円以下と少々物足りなさはありますがパ―トやアルバイトでも20歳から65歳以下の人で安定した収入があれば申し込むことができます。

現在の借入先に返済の振り込みをしてくれるだけでなく完済に関する手数料は一切かからないというメリットもあります。

銀行系消費者金融のアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンと言う、ややこしい名前のローンがあります。

参考:おまとめローン審査は甘い?口コミまとめ【審査通りやすいのは?】

消費者金融カードローンは年収の1/3を超える融資はできませんがみずほ銀行の借り換えローンの場合は例外貸付という特別措置が適用されます。

一方的に利用者が有利になることが前提である例外貸付とはおまとめローンの借入れを含めた借入額が年収の1/3をオーバーしてもOKな制度です。

アコムの借換え専用ローンは融資上限が300万円ですが、一般向けカードローンよりも最低金利は高くなっています。

融資金の使い途は消費者金融などの返済に限定されておりショッピングローンの返済には使う事ができません。

おまとめローンの審査でつまづいている人は通らない原因をつきとめることが先決です。

一般的なローンの審査項目は年収や勤務先、勤続年数、借入先の件数、他社からの借入れ総額、個人信用情報などがあり各項目に問題が無ければ審査通過の可能性は大きいです。

年収が高くても借入総額が大きければ審査に不利ですし年収の三分の一を超える借入総額は審査に通らないと思ってください。

勤務先や勤続年数は返済の安定度や確実性の判断材料となり非正規雇用よりは正規雇用の方が断然、審査に有利です。

金融業界では多重債務者は好まれませんので他社からの借入件数が5社ある人は審査落ちを免れません。

マイカーローンは5年から7年かけて返済していくことになりますのでショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品になりますので毎月の返済額が高くなるのは否めません。

ローン返済中に給料が下がってしまったり転職などで収入が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでJAバンク等のマイカーローンを含めたおまとめローンを組むことも視野に入れることになるかもしれません。

銀行が提供しているおまとめローンならその方向性でも問題ないと思うのですが消費者金融は、JAバンク等のマイカーローンのおまとめはできないかもしれません。

その理由は、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの借金を1本化するためのものなので銀行から融資を受けたマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社で組んだJAバンク等のマイカーローンもキャッシング枠ならば対象ですがショッピング枠でマイカーローンを組んだ場合は利用することはできません。

関連リンク

アコムおまとめローンできる?審査は甘い?【申し込みの流れ】
アコムでおまとめローンが可能です。重い金利負担を少しでも減らせるように、アコムのおまとめローンに申し込んでみましょう。
アコムの審査で注意したいこと
アコムの審査についてはネットでも色々と参考になることが書いてあります。安定収入があって、他での借入もなく、個人信用情報にも問題がなければ心配はないでしょう。
アコムのおまとめローンで不安解消
低金利のアコムで複数のローンを一つにまとめたら、今までの返済負担が軽減できます。アコムでまずおまとめローンの相談をしてみましょう。
アコムの自動契約機は操作も簡単
アコムが設置している自動契約機は、全国各地にあるから便利。審査もスピーディーだし、申し込みから借入まで、あっという間にできてしまいます。
アコムは主婦やアルバイトでも融資が可能
アコムは主婦やアルバイトでも融資を受けられます。ただし年収に応じた融資額なので少額の融資になると思います。
アコムをお得に利用する
アコムは1万円から借入可能。アコムで借りてすぐ返せば、銀行手数料よりずっと少ない金利で返せます。
アコムはネットから手軽に申請できる
融資まで最速&スムーズに手続きしたいなら、ネットが便利かもしれません。ネットで申し込めば審査結果がすぐ届くそうです。
アコムの無理をしない返済プラン
アコムの返済シュミレーションなら、借入額や返済回数、金利を入力すれば、月々の返済額が出てくるから、とても便利です。返済のことを考えて借りるのが大切です。
利用者が多いアコム
消費者金融で借入するならアコムが一番。即日融資も可能だというアコムは、多くの人に選ばれている消費者金融です。